« 選挙の年に-アルゼンチン(2) | トップページ | 選挙の年に-ベネズエラ(2) »

2015年2月26日 (木)

選挙の年に-ベネズエラ(1)

ベネズエラでは2015年は国民議会選挙の年に当る。日取りは未定のようだが、現議員の任期は201615日に満了を迎えるので、遅くとも12月には実施されなければならない。チャベス前大統領が健在だった前回の2010年の議会選は、926日に行われた。

去る224日、選挙管理委員会は、自ら立会う予備選日程を、反政権諸党で構成する「民主統一会議(MUD)」については彼らの要請に基づき517日と決定し、同時に与党陣営の「ベネズエラ統一社会党(PSUV」には同委員会から申し入れ、621日、と決めた。AP通信が伝えた。議会選で予備選挙とは聊か奇異な感じだが、ラ米では珍しい選挙区制によるものだろう(私のホームページ中のラ米諸国の選挙制度参照願いたく)。

2010年選挙では、PSUVと「ベネズエラ共産党」の与党連合が全165議席の59%に相当する98議席を獲得した。だが、得票率は48%だった。一方MUDは得票率で47%だったのに獲得したのは64議席に留まった(プログhttp://okifumi.cocolog-wbs.com/blog/2010/09/post-dc1b.htmlでは、速報段階では後者を65議席、と書いた)。比例代表では前者が25に対し、後者は26だったが、選挙区では夫々7138ずつ、先住民枠で2、1となった。まさしく選挙区制あればこそ、前者が圧倒的優位に立てた。

その2年後の大統領選では、チャベス候補が55%の得票で、新憲法下での連続三選を決めたが、得票率は2006年の時の63%から低下していた。彼の死後20134月に行われた大統領選では、彼の後継を自認するマドゥーロ候補が当選したが、得票率は50.8%、辛勝だった。 

今年の選挙は、チャベス亡き後の最初のものだ。与党には、逆風が吹き荒れている。マドゥーロ政権初年の一年前の212日、「若者の日」二百周年記念日に、反政権派リーダーたちが呼び掛けた抗議デモが国内各地で行われ(http://okifumi.cocolog-wbs.com/blog/2014/03/post-f9f2.html)、死者3名、数十人の負傷者や逮捕者を出す事態に発展した。暴力的行動を煽動した、として政権側から告発されたロペス元チャカオ市長が、6日後、支持者数千人に付き添われて出頭、拘束され、その後軍刑務所に拘留された状態だ。同年7月より裁判に掛けられている。

昨年は2月から5月にかけ、死者43名、負傷者数百人、拘束された人は延べ3千人近く出た(検察によれば、41名が現時点で拘留中)。抗議活動の基になった治安の悪さ、物資欠乏、高いインフレによる国民の生活不安は、現在も続いている。これに石油収入急減が輪を掛けている。

そして今年の212日、同じ「若者の日」に集まったのは、寧ろ政権支援派が多かったようだ。反政権派もデモに出たが規模は昨年に比べ圧倒的に小さく、何名か軽傷を受けた程度で、大事に至ったとは伝わっていない。123日、国防省が、治安維持のために暴力行動に出るデモ隊には火器を使用しても差し支えない、との省令を出した。この影響もあろう。ロペス拘束1周年に当るその6日後の18日、彼の解放を求めるデモも行われたが、参加者は300人以下だったようだ。

一方で、219日、反政権の急進派リーダーの一人と目されるレデスマ・カラカス広域圏市長が事務所に情報機関の突入を受け、拘束される事件が起きた。身柄はロペス同様に軍刑務所に移された、と伝わる。罪状は、マドゥーロ大統領によれば、クーデター陰謀への参加であり、司法プロセスに則って裁かれる、とのことだ。 

クーデター、とは、穏やかではない。マドゥーロ氏に言わせると、米国が支援する極右勢力が「経済戦争」を仕掛け、国情を不安定化させ、軍の一部と組んで、彼を暗殺し政権を転覆する計画を持っている。これについで米国は直ちに、根拠の無い馬鹿げたこと、と打ち消した。また、レデスマ拘束劇の異常性には、米国、カナダ、米州機構(OAS)、米州人権委員会(CIDH)から、深い憂慮の念が寄せられている。ただラ米諸国政府からは、チリやコロンビアを除くと、内政干渉に敏感なためか、225日現在、論評が殆ど見られない。南米諸国連合(Unasur)が政権派と反政権派との対話立会いのミッションを送ろうとしているが、マドゥーロ政権が動かず、進んでいない。

国内のマドゥーロ支持率は、2030%とも言われる。何としても議会大多数の現状を維持しよう、とすれば、極右の陰謀を前面に出すことで、国民の支持を回復したいところだろう。反政権派にとっては選挙の年、彼の政権の自滅が望ましかろう。一昨年の大統領選でマドゥーロ氏と接戦を演じたカプリーレス・ミランダ州知事は、レデスマ拘束を激しく非難しつつ、MUDのリーダーの立場から、過激な街頭行動を厳として戒め、「平和的な抗議運動」を訴える。

(続く)

|

« 選挙の年に-アルゼンチン(2) | トップページ | 選挙の年に-ベネズエラ(2) »

南米」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 選挙の年に-アルゼンチン(2) | トップページ | 選挙の年に-ベネズエラ(2) »