« 米国の対キューバ関係正常化への動き(1) | トップページ | 米国の対キューバ関係正常化への動き(3) »

2014年12月30日 (火)

米国の対キューバ関係正常化への動き(2)

1217日、キューバで200912月に逮捕された米人グロス氏(15年の懲役刑)の釈放が確認されて、米国ではスパイ罪で19989月に逮捕されたキューバ人、エルナンデス(終身刑)、ゲレロ(懲役22年)及びラバニーノ(懲役30年)各氏も釈放された。

後者はいわゆるCuban Five(内1名は201110月に釈放され、2年間、米国での監視下の滞在を余儀なくされた後に13年に帰国、もう一人は本142月の釈放と同時に帰国)の残る3名だ。

グロス氏とCuban Five両国関係正常化への動きを阻む障害の一つ、としてhttp://okifumi.cocolog-wbs.com/blog/2011/11/post-89ad.html、私も3年前、採り上げたことがある。両首脳による関係正常化開始の発表は、彼らの釈放実現のタイミングに行われた。今回の両首脳の発表にあるスパイ交換の対象は彼ら、と言うのは正しいのかも知れない。AFPによると、このスパイ交換は2012年初頭にキューバ側から提示されていた。人数面でも米側1名、キューバ側4名(当時)、米国側が一顧だにしてこなかった由だ。翌1312月、キューバ政府はこの交換に関わる協議を急ぐよう米側に申し入れた。それから1年、スパイ交換案をぶつけていたキューバ側の言い分が通った。且つ、関係正常化の動きが一気に高まった。キューバの粘り勝ち、とも言えよう。

だがもう一人、スパイ罪で20年間に亘り収監されてきたキューバ人も釈放された。ラウル・カストロ議長の発表にも触れられている。オバマ大統領はこのキューバ人を、「米国に最も重要なエージェントたちの一人」、と形容する。彼らのお蔭で、米国に送られてきたキューバのスパイ網に関わる情報が入手でき、多くの逮捕に繋がった、彼の釈放後の身柄は米国の保護下に置かれている、とも述べた。 

オバマ大統領は国交回復、米人の合法的キューバ渡航機会の拡大、米国からの家族送金増額、米国からの合法的輸出物資拡大、キューバからの特定商品輸入、キューバでの米金融機関口座の開設、キューバ人の情報通信へのアクセス拡大、テロリスト支援国家指定見直し開始、等など13項目を示した。繰り返すが、米国の対キューバ制裁には立法措置が必要で、大統領権限でできることは限られる。その為か、下記の通り実に細かく、世界最強国の米国大統領が、と思われる箇所も多い。思うに、国務省の事務官が作成したものだろう。

国交回復で移住、麻薬対策、環境保全、国民の移動など相互利益のテーマでの協力を行う、とする。その道筋には触れていない。大使派遣までの完全復活となると、大使の任命は議会承認を必要とするため、聊か厄介だ。だが、現在の利益代表部の格上げくらいはできよう。

外交関係が途絶している間、19779月までは夫々の国家利益を相手国で守るための日常業務は、米国の場合はハバナのスイス大使館、キューバの場合はワシントンにあるチェコスロバキア大使館が代行、それ以降は米国、キューバ夫々から派遣される代表以下の常駐スタッフが行うようになった。利益代表部と言うのは、それ以降のことだと、私は理解している。米国の利益代表部の正式英語表記はUnited States Interests Section of the Embassy of Switzerlandだが、キューバ人でスイス大使館、と捉える人はいないと思う。そもそも、ハバナの米国利益代表部は、元々1953年に米国大使館として建設された。 

米人の渡航目的にキューバ内民間企業や農業従事者へのトレーニング活動が例示された。渡航者への便宜を図るため米国機関がキューバの銀行の口座開設を認可、ともある。現在は渡航目的を教育文化交流、とし、財務省の許可証を長期間待って、ツアー業者に引率されての旅行だけに、目的が拡大されても大した効果はあるまい。大統領はその財務相許可手続きの簡素化、乃至は排除を意図しているようだが、形態をツアーに限定して何のトレーニング活動だろうか。キューバ側には米人観光客の急増を期待する向きもあろうが、やはり米国の議会が渡航に関する立法化が成るまでは、望むべくもあるまい。

家族送金は金額を四半期ごと2千ドルに増額する、との事。また米国からの輸出物資の拡大については、キューバの民間企業向け物資供給を挙げる。キューバからの特定品目の輸入とは、渡航者が持ち帰られる産品のことで、一人400ドルまで、内タバコとラム酒は合計で100ドルまで、との規制もかかる。テロ支援国家指定見直しも、国務長官にキューバがテロリスト支援に関わった、とする報告を6ヶ月以内に提出させる、としている。えらく慎重な印象を受ける。 

両首脳が合意した外交関係復活に向けた実務交渉は、1月末にハバナで始まる。米側交渉団を率いるのは国務省のロベルタ・ジェイコブソン次官補(ラ米担当)だ。13項目の提案は、両国の実務折衝の叩き台となろう。

両国から代表団が派遣されて直接交渉を行うのは、これまで代表的なものとして、キューバ人の米国移住に関わる、いわゆる移住協議があった。私の理解では、米国は年間2万人の移住者を受け入れる、とする移住協定があった。現在は、どうも毎年の両国代表団同士の協議で、実際のビザ発給数を取り決めているようだ。20102月の移住協議の際に、米国代表団は、その2ヶ月前に逮捕されたグロス氏を即刻解放するよう要求した。翌11年1月に行われた移住協議には、ジェイコブソン次官補が米側団長を務め、同様の要求を行い、且つ彼と面会した。キューバでの彼への裁判は同年3月に行われ判決も出ている。

元々1月の第二週に、これまで同様、移住協議がハバナで行われることになっていた。今度は外交関係復活への協議が主たるアジェンダ、となることから、時期は少し遅らせたようだ。グロス氏が釈放されて初めての両国間交渉に臨む米側団長が、同次官補と言うのも因縁じみる。

|

« 米国の対キューバ関係正常化への動き(1) | トップページ | 米国の対キューバ関係正常化への動き(3) »

キューバ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米国の対キューバ関係正常化への動き(1) | トップページ | 米国の対キューバ関係正常化への動き(3) »