« ベネズエラのメルコスル正式加盟 | トップページ | ペーニャニエト政権の確定 »

2012年8月25日 (土)

エクアドルの対英挑戦-アサンジュ事件

815日、ロンドンのエクアドル大使館に保護を求め滞在中の、ウィキリークスの創設者でオーストラリア人、41歳のジュリアン・アサンジュ氏逮捕を目的に、警察が実力で大使館に立ち入る旨の通告が為された。エクアドル政府がアサンジュ氏の亡命受け入れを決定したのは、その翌日だ。大国イギリスへの反発が、それだけ激しかった。この件で、エクアドル政府は米州機構(OAS)の外相級会議招集を求め、それが824日、ワシントンで開催された。OAS加盟34ヵ国中、12ヵ国が外相を出した。米国は、OASはこの種問題を持ち込む場ではない、と反対していたが、召集されれば欠席はできない。ただヒラリー国務長官の動向がまるで伝わらない。外相級の出席はなかったようだ。

会議では、「外交施設の不可侵を危機に晒すいかなる企てをも拒絶する」との決議が採択された。決議文は「エクアドルとイギリス両政府間で国際法に沿い、意見の相違を埋め解決に向かう対話継続を求め、OAS常設評議会にフォローアップを委託すべし」と結ばれている由だ。また「全ての国家は国際的義務の不履行を正当化するために国内法上の権利を持ち出してはならず、本件ではエクアドルに対する連帯と支持を表明する」との部分も決議文にあるが、米国は決議文脚注を通じ、これへの不同意を表明している。加えて、カナダは決議文自体に不同意、とした。だが、いずれも決議そのものに反対してはいないので、採択は効力を持つ。 

エクアドルは何に拘っているのか。アサンジュ氏と言えば、有力国、特に米国の機密情報をネット上で流し、世界中で物議を醸していたウィキリークスの創設者だ。http://okifumi.cocolog-wbs.com/blog/2011/05/post-247f.htmlでも少し述べさせて頂いたが、一時的に対米関係を損ねた原因は、ウィキリークスで流れた米国の外交文書だ。その後修復し、最近では第六回サミットにキューバを招かなかったことに抗議しコレア大統領が出席しなかったことはあるが、あまり波風は立てていない。また、ウィキリークス自体も2010年以降、活動休止状態だ。

アサンジュ氏は、20108月末、二人のスウェーデン女性から出された性的暴行の容疑に関し、同国警察の取り調べを受けた。同容疑での捜査が本格化したのは、この後だ。同国の裁判所が彼の拘留を承認したのは11月央のことで、直後に警察がインターポールを通じ国際指名手配しており、既に彼が国外に出たことを物語る。彼は127日、ロンドン警視庁に出頭、逮捕され、短い間拘留されたが、その後保釈された。保釈なので国外には出られない。翌112月、スウェーデンの要請に応じた身柄送還の是非について、イギリス司法当局が審理を開始した。同国最高裁判所によって身柄送還裁定が為されたのは、614日だった。そしてその5日後、エクアドル大使館に駆け込んだ。

彼は性的暴行については全面的に否定、スウェーデンに居る間にでも裁判を受け、さっさと無罪判決を受ければ良かった筈だ。だが、容疑自体がウィキリークスを快く思わない勢力によるでっちあげ、と考えれば、問題はややこしくなる。ウィキリークスの最大の被害者、米国が、彼にスパイ罪を適用し、身柄送還をスウェーデンに迫った場合、彼は米国の法廷で有罪、下手をすれば死刑判決を受ける恐れも有る、との考えに行き着くからだ。頼られたエクアドルは、見放して彼の言う最悪のシナリオに進んだら、寝覚めが悪い。その後亡命を申請して来た。母親もキトを訪れ、便宜を図って欲しいと訴える。とにかく、大使館に庇護する。 

一方のイギリスの事情もある。最高裁判所の裁定が降りた以上、警察はスウェーデンにアサンジュ氏の身柄送還を実行せねばならない。815日、彼の身柄確保を目的としてエクアドル大使館に立ち入ることを通告して来た。これには状況により外交施設への実力による立ち入りを認める1987年の法律を、準拠法として明示した。言うまでも無く主権国家の大使館は治外法権に守られる。実力行使による立ち入りは、国際法違反だ。これを、わざわざ準拠する国内法まで付けて通告すること自体が、外交上の「脅し」として、コレア政権が激しく反発した。大国の小国に対する脅し、ととったのは、想像に難くない。

早速アサンジュ亡命申請を受け容れた。その上で、グァヤキルで18日には米州ボリーバル同盟(ALBA)の、又、更に19日には南米諸国連合(Unasur)の夫々の外相会議を開催、域内の連帯と支援を確保した。まさしく、スピード感を持った反発の連鎖と連帯形成だ。そしてOASの会合を申し入れた。チャベス・ベネズエラ大統領が、エクアドルよ、一人ではない、ラテンアメリカ全人民が付いている、と叫んだものだ。 

米国はかかる行動に違和感を持つ。性的暴行の容疑者が取り調べを受け裁判を受けるため、犯行地に身柄を送還するだけの話で、何を騒ぐのか、と言っていた。ついでにスパイ罪による身柄引き渡しは無い、と言い切れば良いものを、そこはぼかす。スウェーデンは、国内法で生命に危機を与えることが予測できれば、対外身柄送還は見合わせることが決められている、と言う。はっきりと、米国から送還要求があっても、これには応じない、と言い切れば良いものを、そこはぼかす。エクアドルは、対米送還をしない、とのスウェーデンの確約か、それともアサンジュ氏が無事にイギリスを出国できるよう、同国政府による通行保証書が不可欠だが、その前提となるイギリスによる亡命承認か、の二者選択を求めていくしか無くなっている。

ともあれ、アサンジュ氏が亡命先としてエクアドルを選んだことで、事態が大きく動いている。大国に挑戦するラテンアメリカの小国(実際には人口が1,500万人なので、小国呼ばわりは当たらないが)、及び対欧米では結束し易いラテンアメリカ世界、という構図は、彼の作戦に元々あったのだろうか。

|

« ベネズエラのメルコスル正式加盟 | トップページ | ペーニャニエト政権の確定 »

南米」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベネズエラのメルコスル正式加盟 | トップページ | ペーニャニエト政権の確定 »