« グァテマラ総選挙の行方 | トップページ | 廃止されたキューバ砂糖産業省 »

2011年9月30日 (金)

ボリビアの先住民運動(1)

本年815日、ボリビア北部ベニ県の県都、トリニダードから600km離れたラパスまでの行進隊が出発した。参加者は女性とこどもを含む6百人ほどのモホ族先住民で、先祖代々「イシボロセクーラ国立公園先住民地域」、約めてTIPNISで生活する137万㌶に及ぶ先住民専権居住区で、モホ族(moxosmojos)という少数民族を主体に、1万数千人が暮らし、狩猟採取と自給農業を営む。この地区に高速道路が通される計画がある。そうなると開拓者が入り込み、自然破壊が進み河川が汚染され、生態系を含む生活環境が急変する。これを嫌って、徒歩で首都まで出掛け、政府に計画断念を要求するための、言わば抗議の行進だ。

925日夕刻、ラパスから約320kmの所にあるユクモという集落の近くに野営していた彼らを、約500人の警官隊が襲撃、準備していたバスに乗せ、出発地への強制送還を図り、ルレナバケという町の空港まで移送した。警官隊は暴動対応武器を携行し、この際に催涙ガスを使用した。国連代表団や人権団体は、かかる実力行使は遺憾、としてこれを批判しているが、警官隊によれば、行進隊の行動が攻撃性を高めつつあり、強硬策はやむを得なかった由だ。だが政府内の批判も呼び起こし、26日には国防相が辞任した。ラパスでは強制排除に遭った行進隊との連帯を叫ぶ大規模市民デモが行われた。ルレナバケでも住民が空港滑走路への進入を妨害、警官隊は強制移送を断念し行進隊を解放した。 

行進隊、とはマルチスタ(marchistas)と言う原語表現を私が勝手に和約したものだ。女性、子どもを含む数百人~数千人が、何百キロという気の遠くなる距離を、政治要求を掲げて野宿を繰り返して歩く。ボリビアでは先住民同盟(CIDOB)がかかる抗議運動を組織化し、今回は第8回目に当たるそうだ。第1回目は、19907月から一ヵ月かけての、全く同じトリニダードからラパスへの「尊厳の領域」行進だった。この時は、先祖代々の先住民専権居住での専権的自治権を求め、4ヵ所でその認定を勝ち取った。TIPNISもその内の一つだ。モラレス政権下で作られた2009年憲法にも引き継がれている。

今回の行進隊が撤回を求める高速道路は、ベニ県のサンイグナシオと中央部コチャバンバ県のトゥナリを結ぶ306kmであり、その内の177kmが、そのTIPNISに掛る。ルラ・ブラジル前大統領肝煎りのビッグプロジェクトで、4億㌦余りの事業費の8割をブラジルが拠出し、その建設は、ブラジル企業が行う。ブラジル政府は、本事業をブラジルからペルーとチリに至る高速道路の一部であり、ボリビアにとっては南米統合の観点より極めて重要なもの、と強調する。一方TIPNISは、多品種の動植物群の宝庫として知られ、保護すべし、とのエコロジストの声も大きい。

モラレス大統領も環境保護主義者を自認する。だがこの高速道路については東北部の発展に不可欠、との立場だ。貴重な動植物群を始めとするTIPNISの自然への影響は極めて少ない、とも言う。一方、コチャバンバは彼の政治的支持基盤たるコカ農家の中心で、その流通道路にしたい、との思惑がある、との政敵の見方も伝えられる。 

行進隊は、出発時、メディア情報では6百人ほどだった。一時的に2千人にも膨れ上がったが、他の先住民グループやエコロジストも参加したようだ。モラレス政権も事態を重く見て、チョケワンカ外相がヘッドを務める交渉団を派遣、行進途上の彼らとの対話の機会を持ってきた。しかし、決裂が繰り返された。913日、外相以下との7回目、且つ最後の対話の場がエンボカーダという寒村からで持たれ、やはり決裂した。

916日、モラレス大統領がコチャバンバのサントドミンゴという町で、先住民との集会の場を持っているが、行進隊は参加せず、翌日エンボカーダを出発した。その足で大統領は、ベネズエラ、キューバ、ニューヨーク(国連総会)訪問の旅に向かった。エンボアーダから僅か20kmのユクモと言う集落には、親モラレス派の農民(先住民)数百人が行進隊の通過に対する実力阻止を図るべく10日ほど前から集結していた。同地での全面衝突を回避するため、910日には450名の警察隊が同地に派遣されていた。19日には行進隊がユクモに到着する、と見込まれる一触即発のタイミングだったのではなかろうか。 

実際には行進隊はユクモから数キロ手前のチャパリーナという場所に進み、そこで動きを止めた。そして924日、行進隊で弓と矢を携行する武装班は、チョケワンカ外相以下の政府側交渉団を盾にしてユクモに至るが、警官隊が外相以下を解放、武装班を追い返した。モラレス派農民も解散させた、という。だが翌25日には、行進隊の強制排除に当たり、これが内外の厳しい批判に晒されることになり、26日、各地の抗議行動、行進隊解放、国防相辞任を経て、モラレス大統領は高速道路着工を、住民の合意形成が実現するまで先送りする、と発表、27日には、警察を管轄する内相が解任された。 

国民の先住民比率の高いボリビアの少数民族モホ族、その内のほんの一部に過ぎない6百人の行進は、こうして大統領を動かし、閣僚二人を辞めさせた。29日には、大統領からの心からの謝罪を引き出した。それでも決着はついていない。行進隊は、建設断念まで抗議の行進を続ける、と言い、29日の時点で、分散したメンバーの再集合を待っているところだ。

|

« グァテマラ総選挙の行方 | トップページ | 廃止されたキューバ砂糖産業省 »

南米」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グァテマラ総選挙の行方 | トップページ | 廃止されたキューバ砂糖産業省 »