« ラテンアメリカとアラブ民主化(1) | トップページ | キルチネル後任決定-UNASUR »

2011年2月28日 (月)

ラテンアメリカとアラブ民主化(2)

リビアの反対勢力は、首都トリポリのカダフィ政権とは別に、近く暫定政府を樹立するようだ。1月のいわゆる「チュニジア革命」は23年間もの長期政権を担ったベンアリ前大統領こそ追放したが、政府機構は変わらず、如何に改革的な政策を進めようと国民の不満は解消せず、国情が不安定な中、首相が政権を放棄した。一方、エジプトでは軍部が政権を預かり、憲法改正、選挙へのロードマップを策定しており、国情は平穏だ。歴史的にラテンアメリカでも政権が行き詰り大衆抗議活動で国情が騒然とすると、先ず軍部がクーデターで政権を掌握し、国情安定を見て、半年なりの時間を掛けて民政再移管を行う事例が多く見られる。

独裁者追放後の政治理念も無く不満をぶつける大衆行動は危うい。これを自覚しての行動であろう。私のホームページ中の「ラ米の革命」のニカラグア革命をご一読願いたいが、流れが良く似ている。1979618日、コスタリカでニカラグア反ソモサ暫定政府が発足したが、ソモサ家の面々がマイアミに出国したのは翌717日だった。その暫定政府は右派から左派まで幅広い5つの勢力の代表者で構成され、サンディニスタ軍という軍事力を支配下に置くFSLN代表のオルテガ現大統領が首班を務めた。その彼が、226日段階で、ラテンアメリカ首脳の中では珍しく、カダフィ政権への連帯を表明している。

反政府運動が軍の一部を引き込み、市民に武器を持たせ、政府軍との戦闘に突入した形は1952年のボリビア革命に似ている(同、ボリビア革命参照)が、前年に行われた大統領選挙の勝者(追放されていた)、パス・エステンソロを呼び戻すことで、正統性のある政府が直ちに樹立できた点が大きく異なる。モラレス大統領のリビア情勢に関する言動がメディア上聞こえて来ないが、ガソリン代高騰によるトラック組合のストや公共運賃の値上げによる抗議行動を受けての政権支持率の大幅下落に加え、大洪水被害で、それどころではないのかも知れない。

221日に英国外相が、リビアのカダフィ大佐はベネズエラに亡命したようだ、と述べたことを外電が伝えた。誤報だったが、ベネズエラと名指しされたことを、チャベス大統領はどう取っただろうか。彼がカダフィ大佐との個人的関係が深いことは周知の事実で、彼が最も尊敬する南米の解放者、ボリーバルが愛用した剣の複製を贈呈したことも知られる。今の時点では外国による武力介入には反対する、位に留める対応だが、それでもカダフィ政権側への明確な非難はしない。ベネズエラの反チャベス派は、ボリーバルの剣の複製贈呈は許し難い、反対派敵視と武力弾圧を掲げる政権を非難しないのは問題、と攻撃する。ベネズエラ政府としては、カダフィ政府と反対派との対話こそ重要であり、国際社会がカダフィ政府を一方的に非難することに反対、との立場だ。

アラブ世界の民主運動に関して、チャベス大統領は民衆の反逆、と位置付け、ラテンアメリカでは何度も経験している、と語る。自国では、200212月の反チャベスゼネストの際によく準えられた1958年の民主化運動ではなく、1989年、当時のペレス政権のガソリン及び公共交通機関の値上げに対する大規模な抗議デモが暴徒化し、治安部隊による鎮圧で数百人の犠牲者を出した、いわゆる「カラカソ」を例示する。彼はデモ隊への共感が強く、この3年後、クーデター事件を起こし、逮捕され、服役した。今なお「カラカソ」への思い入れが強い所以だ。だが、選挙で選ばれた政権の政策に対する抗議行動を民主化運動に準えるのは、聊か乱暴ではなかろうか。

寧ろ、1969年、アルゼンチンの第一次軍政期(1966-73)の1969年、アンデス東麓の都市、コルドバで起きた反軍政デモが比べ安い。「コルドバソ」という暴動を経て、2年後大規模ゼネストに発展、最終的に民政移管を勝ち取った。

|

« ラテンアメリカとアラブ民主化(1) | トップページ | キルチネル後任決定-UNASUR »

ラテンアメリカ全体」カテゴリの記事

コメント

民主化とは一体何なのでしょうか、最近いつも考えています。或いはその矛先の向く政治のリーダーや政治体制とはそもそも何のためなのでしょうか。

政治の発生は恐らく採集・狩猟生活時代に食料や女性を
めぐっていろいろな部族内の争いが起こり何らかの統率や裁定の必要が常に生じていた事。最初はボス的な統率者で済んだ話が、財産(家屋、食料備蓄、道具、武器、等々)の蓄えが可能になるに従って、何らかのルールや裁定が必要になったと考えられます。或いは家や部族の集落の回りへの防壁や共同の水設備建築工事等も必要であったでしょう。

更には狼や外敵・他部族の襲撃への備え、防壁に留まらず、戦える集団を作るためには指揮系統が必要になります。それが政治のそもそもの起源なのではないでしょうか。

そう考えた時民主化とは一体実態は何なのでしょうか。
民主化とは誰に向けられた闘争であり何を勝ち取るべき
戦いなのでしょうか。時のリーダー向かって?時の権力者に向かって、或いは民族の敵に向かって、でしょうか? 

政治や政治リーダーに求められるべき資質は極端に言えば他部族との戦闘に勝てる強いリーダーとそのリーダーへの統率以外の何物でも無かったのではないでしょう。ローマのカエサルしかり、元を築いたフビライ・ハンしかり三国志の英雄しかり、英雄とは民族を守る事が一義で、アラブの場合は外敵の一つはイスラエルでしょう。そのイスラエルに対してアラブ人はどうしたいと思っているのでしょうか。

しかし外敵と戦う事と民衆の満足を充たす事はイコールではありません。特にリーダーが「英雄、金と色を好む」場合は余計でしょう。人間が神で無い限り、そんな何時までも民衆に支持されるリーダーは居ないはずです。そのリーダーを追い出して民衆は誰をリーダーに据えたいのでしょうか。ここに根本的な矛盾があるような気がしています。民主化して誰が得をするのか、と。

日本においては英雄を考えるとまず源義経が出てきます。しかし彼は民族を守り外敵に抗して戦った人物像ではありません。むしろ外敵が来ればそうであったかもしれないはずの源頼朝と功や派を争って敗れた人間です。時の朝廷の後白河法皇にうまく利用されただけとの説もあります。明智光秀しかり、彼も又英雄足りえたかもしれない信長を背後から襲った人間に過ぎない男だと思います。そういった義経や光秀が何故日本の英雄なのであるのか私にはわかりません。何故日本では民族を守るべきリーダーが英雄として語り継がれず、むしろ彼等に抗し彼等に反逆した人間が英雄として長く人々の記憶に残るのか良くわかりません。

確かにロビン・フッドやウィリアム・テルは一見義経に似た面はありますが、実は民族の誇りをかけて侵入した支配者や敵に対して不服従や戦いを挑んだ人々のはずです。

長く海外に身をおいてこられた方のご賢察を教えていただければ有り難いです。よろしくお願いします。

投稿: 長澤 光英 | 2011年3月29日 (火) 21時24分

コメントを有難うございます。
民主主義はあくまで国民主権(王政であっても政治実権は行政府と議会に付託)、普通選挙制(成人全てに選挙権有り)を指す言葉ですが、強力なカリスマ指導者の存在までは否定していない筈です。いくら国民に愛される英雄であれ、その政治手法が独裁的、強権的であれば、非民主的と言われましょう。
ラテンアメリカが民主化したのは、一部の例外を除き、一般的に軍政期が終わって民政移管が実現した1980年代のこととされます。軍政期に入る60年代以前は、特に第二次世界大戦後、普通選挙は一般化しましたが、多くの国でクーデターが頻発し、軍部が政治の前面に出るようになりました。
ラテンアメリカでいう民主主義は、公正な選挙を経て発足した立憲(憲法の規程に基づく)政府と立法府(議会)が厳として存在している政治体制で、国際的には、概ね米国と同じ4年任期で、最高指導者の連続再選は1度のみ、を目安としているようです。従って、ベネズエラ(連続再選に規制は無い)が(伝統的な社会主義体制のキューバを除いて)非民主的、と看做す欧米の政府や政治評論家が多い所以でしょう。

投稿: 管理者 | 2011年3月30日 (水) 17時25分

ありがとうございます。その通りです。主権を持った民衆が持て余さないよう願うだけです。

投稿: 長澤 光英 | 2011年3月30日 (水) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラテンアメリカとアラブ民主化(1) | トップページ | キルチネル後任決定-UNASUR »