« オミナミ票の行方-チリ大統領選 | トップページ | ラテンアメリカ-2010年選挙 »

2009年12月26日 (土)

ラテンアメリカ:2009年を振り返る

ラテンアメリカの2009年、先ずは、米国のオバマ政権発足でChangeを感じさせるスタートだった。米国の亡命キューバ人による里帰りと家族送金の規制が撤廃された。ブッシュ政権時代には元々の規制を更に強化していたことを考えると、かなりの「前進」といえる。米国の対キューバ国交正常化に進むことは、オバマ政権も民主化を必要条件としている以上、当面は有り得ないが、米国人のキューバ渡航解禁は時間の問題だろう。6月末のホンジュラス政変では、米国も暫定政権に正統性無し、セラヤ大統領の復権が必要、との立場で臨み他米州諸国と足並みを揃えた。メキシコの麻薬密輸に就いては、組織に亘る米国の武器密輸取り締まりの必要性を、米政権として初めて認めた。何より反米のチャベス・ベネズエラ大統領が、対オバマ敵対的言動を強く抑えるようになった。

だが、コロンビア政府による米軍への自国基地使用権付与を巡り、オバマ個人攻撃は慎重に回避しながらも、チャベス大統領の対米強硬姿勢は復活した。ペルーを例外として、どの南米諸国もベネズエラへの理解を示す。彼とウリベ・コロンビア両大統領間の信頼関係は失われたまま、国境地帯では一触即発の状態だ。交戦に及ぶ可能性は低いと思うが、目が離せない。20108月にウリベ大統領の任期が到来するが、国民支持率が8割近いことから、連続三選を狙い出馬すれば当選は間違いなく、対ベネズエラ異常事態が、その分長期化する懸念はあろう。信頼回復に影響力を発揮できるのはルラ・ブラジル大統領あたりだろうが、彼の任期は余す1年のみだ。

ホンジュラス政変も深刻だ。セラヤ大統領は、本来の任期がひと月足らずになった現在もブラジル大使館に軟禁状態のまま支持者への行動を呼び掛ける態度を崩さない。米国とてセラヤ復権とミチェレッティ暫定大統領の退陣を求めてはいるが、選挙自体は公正に行われた、としてその結果を認めざるを得ない。だが、コスタリカ、ペルー、パナマ及びコスタリカを除くラテンアメリカのどの政権も、1129日の選挙結果を認めようとしない。セラヤ大統領が任期満了時点でロボ政権をどう評価し、米州域内亀裂が深まったまま隘路に落ち込んだ状態がどう変わるか、注目したい。

2009年、コレア・エクアドル及びモラレス・ボリビア両大統領は、狙った通りの二期連続当選を果たし、権力基盤を強めた。そして今は、オルテガ・ニカラグア大統領の二期連続への道が現実味を帯びてきた。全て、「米州ボリーバル同盟(ALBA)諸国で、政治的には左派政権に当たる。やはりALBA加盟国のホンジュラスのセラヤ大統領がクーデターで追放される元となったのは、連続再選はおろか再選自体を禁じる同国憲法を改定するための国民投票強行だが、この流れの一つだったことは間違いあるまい。彼のホンジュラス自由党は、敷いて言えば中道右派政党、と言える。だが彼自身はチャベス・ベネズエラ大統領の盟友を自負し、ALBA加盟を推進した。そのチャベス大統領は、2009年、三選を可能とする憲法改定をやってのけた。ALBA非加盟国で中道左派系とされるパラグアイとグァテマラも再選そのものが、エルサルバドル、ウルグアイ及びチリは連続再選が認められず、だが、いずれにもこの見直しへの動きは無い。

二十一世紀は、米国でブッシュ政権が発足するとラテンアメリカでは政権の左傾化が顕著となった。2009年、オバマ政権に代わっても、6月、エルサルバドルでフネス大統領が就任し、1980年代のゲリラとして内戦当事者だったFMLNが政権党となった。だが、従来の親米路線は自由主義経済政策と共に継続している。一方で9月、パナマでは右派連合のマルティネッリ政権が発足した。中米では、明らかに左傾化は止まった観がある。南米でも、20101月のチリでの決選投票では右派のピニェラ候補の当選が確実視される。ウルグアイでは3月に就任するムヒカ次期大統領は現政権与党の枠組みにあり、政権末期でなお80%の国民支持率を誇るタバレ・バスケス大統領の政治路線を引き継ぐ、と言明している。元ゲリラとは言え、一段の左傾化は無かろう。

|

« オミナミ票の行方-チリ大統領選 | トップページ | ラテンアメリカ-2010年選挙 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オミナミ票の行方-チリ大統領選 | トップページ | ラテンアメリカ-2010年選挙 »